Global Game Jam 2015 の Diversifiers ええかげん私家訳

1月23日(金)~25日(日)の日程で間もなく開催される Global Game Jam 2015 の実績(Diversifiers)が発表されていましたので、

http://globalgamejam.org/news/introducing-ggj-2015-diversifiers

私家訳を作ってみました。

– – –

続きを読む…

Global Game Jam 2014 の Diversifiers ええかげん私家訳

1月23日00:40 追記:

IGDA Japan の Global Game Jam 2014 サイトに同原文に対する公式訳が掲載されたようなのでリンク:

http://ggj.igda.jp/diversifiers/

– – –

去年は福岡会場にお邪魔した Global Game Jam、1月24日(金)~26日(日)の日程で間もなく開催される今年分(2014)の実績(Diversifiers)が発表されていましたので、

http://globalgamejam.org/global-game-jam-diversifiers

私家訳を作ってみました。

– – –

続きを読む…

翻訳勉強会「十人十色」広島出張編で英日ゲーム翻訳のミニワークショップをやりました(シンプル解説+動画あり)

※ワークショップ用問題ファイル(更新:シンプル解説つき)のダウンロードリンク: 英日ゲーム翻訳・下訳体験例題&シンプル解説20130524.xls )

※ワークショップ動画のYouTubeリンク: 翻訳勉強会「十人十色」広島編:Garyou_Tensei さん「ゲーム翻訳ミニワークショップ」 )

– – –

5月26日(夜)追記:

・YouTubeにワークショップの動画がアップされました。

問題ファイルと合わせて、もしくは問題ファイルに回答後にご覧いただければご参考になるかもしれません。

翻訳勉強会「十人十色」広島編:Garyou_Tensei さん「ゲーム翻訳ミニワークショップ」 @ YouTube

 – – –

5月24日(金)未明追記:

・Ustream経由でワークショップにご参加いただいた皆様、お礼が遅くなりましたが誠にありがとうございました。

訳例、およびゲーム翻訳者以外の翻訳者向けのシンプル解説を追記したバージョンのファイルをアップロードしました。

ご参考になれば幸いです:

英日ゲーム翻訳・下訳体験例題&シンプル解説20130524.xls

・なお、皆さんからいただいたコメントは「十人十色」広島編のTogetter(の下端近辺)にまとまっています:

2013年5月21日翻訳勉強会「十人十色」広島編 @ Togetter

http://togetter.com/li/507262

後日、「十人十色」の録画がYouTubeにアップされる予定だそうですが、それに合わせて

1)本ミニワークショップ分だけのTogetterを作成・公開し、

2)上記のシンプル解説版にさらに(オーバーキルレベルで)追記した、ゲーム翻訳者向けの実戦的解説版を公開

する予定です。(その際、皆さんから Ustream にいただいたコメントや、数名の方々からいただいた訳案にも言及できればと考えています。)そちらもよろしくお願いいたします。

– – –

続きを読む…

こんなゲーム翻訳トライアルはイヤだ その4) 出題元のゲームジャンルが偏っている

(前回分はこちらから: 「こんなゲーム翻訳トライアルはイヤだ その3) 訳注が訳文の何倍もの分量になってしまう

– – –

A) こんなゲーム翻訳トライアルはイヤだ(目次)

1) 訳注を書く欄がない
2) 話者・ト書き情報がまるでない
3) 訳注が訳文の何倍もの分量になってしまう
4) 出題元のゲームジャンルが偏っている
5) 出題内容のテキストの種類がごちゃ混ぜになっている
6) やたらと時間がかかる
7) 問題文に明らかな誤字・脱字や文法上のミスがある
8) トライアルには合格したものの、翻訳会社側が提示してきたレート上限が自分のレート下限未何
9) そもそもトライアルがない

続きを読む…

こんなゲーム翻訳トライアルはイヤだ その3) 訳注が訳文の何倍もの分量になってしまう

(前回分はこちらから: 「こんなゲーム翻訳トライアルはイヤだ その2) 話者・ト書き情報がまるでない

– – –

A) こんなゲーム翻訳トライアルはイヤだ(目次)

1) 訳注を書く欄がない
2) 話者・ト書き情報がまるでない
3) 訳注が訳文の何倍もの分量になってしまう
4) 出題元のゲームジャンルが偏っている
5) 出題内容のテキストの種類がごちゃ混ぜになっている
6) やたらと時間がかかる
7) 問題文に明らかな誤字・脱字や文法上のミスがある
8) トライアルには合格したものの、翻訳会社側が提示してきたレート上限が自分のレート下限未何
9) そもそもトライアルがない

続きを読む…

こんなゲーム翻訳トライアルはイヤだ その2) 話者・ト書き情報がまるでない

(前回分はこちらから: 「こんなゲーム翻訳トライアルはイヤだ その1: 訳注を書く欄がない」)

– – –

A) こんなゲーム翻訳トライアルはイヤだ(目次)

1) 訳注を書く欄がない
2) 話者・ト書き情報がまるでない
3) 訳注が訳文の何倍もの分量になってしまう
4) 出題元のゲームジャンルが偏っている
5) 出題内容のテキストの種類がごちゃ混ぜになっている
6) やたらと時間がかかる
7) 問題文に明らかな誤字・脱字や文法上のミスがある
8) トライアルには合格したものの、翻訳会社側が提示してきたレート上限が自分のレート下限未何
9) そもそもトライアルがない

続きを読む…

こんなゲーム翻訳トライアルはイヤだ その1) 訳注を書く欄がない

ゲーム翻訳会社のトライアルは出題する会社や担当者によって様相が大きく異なります。

その会社の仕事の仕方が想像できるものから、まるで見当もつかないもの。

その会社と仕事がしたくなるものから、トライアル自体を受ける気力すらしぼんでしまうようなもの。

まさしく十社十色と言えるでしょう。

そこで、

A) 受ける側、すなわちゲー翻フリーランサー/ゲーム翻訳参入希望者の視点から
受けにくく感じてしまうゲーム翻訳トライアルの形態や、トライアル問題の特徴

をいくつか挙げ、

B) それぞれについて詳述

したうえで、

C) 逆に、こんなトライアルなら受けやすいかも

という考察をしつつ、各項目について B) と C) と D)まとめ をセットにして
何日かに渡って書いてみようと思います。

続きを読む…

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。